« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月29日 (水)

針金の刺激

ついに下の歯に針金をつける日が来た。

歯科医師が装具を用意する間、口には”さらに口を開くための道具”が挿入され

頬が引っ張られる程、大口を開いたまま仕度の時を待つ。

歯の清掃も終わり、乾燥させ、歯科医師が

マニキュアを塗るように一つ一つの装具に接着剤をつけていく

歯に冷たい感覚と接着剤の臭いが

私の意識を遠のかせる.....

全ての下の歯に装具が付け終わり針金を通す時がきた。

グイグイと針金に引かれる歯に、さほど痛みは感じなかったが

歯間にでかい物が詰った時を想像して欲しい・・あんな感覚がしばらく続いた

2時間経ち、3時間経ち。。。  何だかすぐれない・・

ご飯が噛めないほどの痛み

おまけに口を動かすと付け立ての装具が口内に当り腫れ上がり

針金のフック部分が内頬に水ぶくれをおこしている。

翌日には、口内炎も出来た。。。そんな痛みは1週間程続いた

体調はすこぶるおかしい・・・

この調子で一ヶ月過ごすのか?と思うと歯科矯正を後悔した・・

翌月の調整日までに今度は上の歯を2本抜かなければならない・・

やるせない思いで2週間が過ぎ、ようやく浮いた歯も馴染んで

ご飯が食べられるようになった。

針金に色んな物が引っかかり、繊維質や粒にはかなり気を使う

変な時に、”クチャ”とか音を立ててしまうので会食なんぞもってのほかだ!

マタ上の歯に装具が付いたら同じ事を繰り返すのか?と思うと

美味しいものを食べておきたいと言う執念が湧いてくる

体が欲する肉も今のうちに食べておくとしよう・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

右奥歯虫歯治療

幼少の頃に甘い物を食べて、磨きが足りずに虫歯になり

詰め物をされた奥歯に先生のチェックが入る。

”なぁ~~~。これ、中やられちゃってるね。。”

”なぁ~~”の意味こそ分かりませんが・・

どうやら詰めのものの中が虫歯になっているらしい・・恐るべし!

矯正治療に入る前に退治しておきたい!という先生の治療方針に

同意するしか術は無く、今日も右下奥歯に針の刺激。

歯茎に何かされつつも麻酔に意識の遠のく歯

ドリルが挿入され、昔の思い出の詰め物は先生の持つ右手のドリルと

左手の吸引機で削られて行くのであった。。

消毒され、キレイに削られた奥歯に型を取るための冷たい何かを押し当てられ

左右に揺すられ、くちゃくちゃと音を立てながらガムのような物体は

私の歯の形を残し、歯科助手さんの手に渡るのであった。 そんな治療費1660円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »