2007年2月25日 (日)

月に1度の・・

先生、今月もソートーイカシタ大学(東○医科歯科大学)で診察御願いします。。

なんだかチョット歯の浮いた感じがしばらく続いていたので

予定診察日よりも2週間遅れての診察に歯の具合も心配だった。

銀座で打ち合わせ後、中央線にゆられ

迷わず待合室に到着すると先生が笑顔で出迎えてくれる。

”よくいらっしゃいました”

確か先月もわがままいって大学の診察室にうかがった・・

昼前で以前よりも閑散とした診察室には

午前診察を終えた歯科医師等が談笑し、診療椅子に光が差し込み

忙しい都会に和やかなキモチになった。

”はい、口を開けてください”

言われたように私は大口をあける。。

”おおおっ!”

先生が目を見開き驚きの声をあげた。

そんなアニメ(ミスター味っ子)のように丼が光放ったように見ないでください・・恥

”凄いよ!これは、2年かかりません!”

嬉しい一言を聞く。。が、なんだか装具が取れてしまう事に少しさみしさを感じた。

今までは早く取れないかな~なんてボヤイテいたのに・・

でも、装具が取れる日はいつだろう。。

取れると聞かされてからはちょっと寂しさ交じりのカウントダウンになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月19日 (金)

月に一度の...

ちりりりり〜ん。鳴ってますよ〜。ちりりりり〜ん。(着信音)

マネージャーからだった。
”青汁の仕事があるんだけど”
歯切れの良い口調で、私のスケジュールが埋まる。

撮影時、クライアントさんに見守られながら、素敵な笑みで並々注がれた青汁(一杯=3日分)を5杯飲み
さすがに帰りの電車では腹の調子が思わしくなかったが...
深夜の通販番組でアシタバ青汁を飲む私をみつけたら
電車で腹を抱える私を想像して下さいね。少し笑えてきますよ!

翌日は歯科矯正が控えていた。
今日の診療場所は、いつもの静かな住宅街ではなく
満員電車の中央線に揺られ御茶ノ水にある大学病院。

ドアを開けるとすぐ受付とは訳が違い、入り口には警備員がかまえ
総合受付、矯正、診療など沢山ありすぎて迷子になりそう。
先生に指示された場所に辿り着くと、矯正待合室には数えきれぬほどの椅子が並んでいる。
ジュースの自販機も良心価格!
早起きをして歯磨きを念入りにしたのでコーヒーを飲みたい気持ちを抑え待つことしばし
”おはようございます”といつもの先生が!

いつもの格好なのに場所が違うので少し新鮮だった。
広い診察室に何十台も診察椅子が並べられ、何もかもが未知の世界(笑)

私の口内で起きた事件、正月の餅に負け金具がとれてしまった事を話すと
医療用ゴム手袋をはめて、意識が遠のく接着材をつけ手慣れた作業で修復していく。
相変わらず接着材の匂いに意識が遠のいている間に
針金を締める作用にかかり口内作業は終盤を迎えていた。
今月も”よく動いているね”と褒めの言葉ももらい矯正の順調さを嬉しく思いながら
来月の予約をして診療は終わった。

餅に負けた矯正器具は金属に変わったのが今回の収穫。
不要になった器具はネットオークションでも?!(するかっっ!笑)
来月はどんな変化を見せるのか?楽しみである。


| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年12月14日 (木)

月に一度の・・12月

”忘年会は焼肉行こうよ!”

賛成の声の中、私の心も焼肉に賛成だったのだが・・

皆の意見を押し切ってまで反対せざるをえない行事が私には控えていた。

忘年会は”しゃぶしゃぶ”に決定。

仕事を終え、明かりの灯る街並に人は姿を消していく。

ビル街の落ち着いた佇まいの店、着物姿の若い女性が丁寧に迎え部屋に着くと

お酒が進む小料理が並び、出汁と豆乳の鍋が私の前でコトコトと湯気を立てる。

薄切りにされた肉が花びらのよう。きれいなピンクを湯気の立つ白い海に泳がせると、

うっすら豆乳を絡めた肉が食べ時の顔を覗かせ、私の口内からは唾液が溢れた。

ゴマダレにニンニクを落としたくなる心を抑え、あっさりとポン酢・もみじおろしでほうばる。

たらふく肉を食べ皆ご満悦。

忘年会という名のいつもの飲み会は何の文句もなく閉幕した。

翌朝、念入りに歯磨きをし口臭をチェック、洗いたての髪の匂いを残し家を出る。

向かうは歯医者。

そう。歯医者の為にニンニク臭くなる焼肉はどうしてもパスする必要があったのだ。

そして、今日も薄く白い診察室のドアを開け笑顔で先生が待っている。

”こんにちは。さあベットへどうぞ”

眠そうな顔をしていたのか?言われるままに診察椅子に寝そべり

涎掛けをした私は口をあける。

ゴム手袋が私の唇をひろげ先生は言う。

”いいよ、よく動いてる!”今月は褒めの言葉を聞き、私も安心したのか

診察椅子がベットのような心地よさに変り眠気に襲われた。

金具を付け替え、接着剤の匂いで意識が遠のき

気が付けば針金もきれいなものに変っていた。

今度先生に会うのは来年。

素敵な笑顔、素敵な歯並びへの道程はまだまだ遠いようだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

月に一度の・・11月

予約は11時30分

休日ならゆっくり寝ていたい時間帯だ。。

10時に起きボサボサの髪にトリートメントをつけ髪を整え

念入りに歯磨きをし、洗い立ての髪の臭いを残し家を出る。

歯科に着くとパートであろう歯科助手の疲れた笑顔に迎えられる。

”こんにちは”

”あら、久しぶりね” 忙しそうに返事を返す。

実際に、仕事の都合で誰も居ない遅い時間にしか診察を受けていなかったので

歯科助手の顔を見るのも、受付に待つ人を見るのも久ぶりで新鮮だった。

診察券を渡すと事務椅子に座る事もなく歯科医の元に戻っていった。

待合室には他人の事を大げさに書いた週刊誌が無造作に置かれている。

興味の無い雑誌を広げグラビアのはちきれんばかりの写真に目を奪われていると

奥の診察室から私を呼ぶ声がする。

歯科助手が扉を開け”どうぞお入り下さい”。作り笑顔は変らずに

彼女にしたらそれが工程なのだから・・

私は白く軽い扉を開け、籠に荷物を置き、いつもの診察椅子に座る。

”こんにちは、いらっしゃい”先生が顔を覗かせる。

先生に涎掛けをしてもらい椅子が段々とベットのように伸び

先生の膝元に私の顔は納まった。

”じゃぁ口を開けて” 医療手袋に包まれた人差し指が私の唇に触れる

ゴムから伝わる手の温度を感じて居ると、冷たい鏡の付いた器具を挿入される

今日に限って”順調だね”という褒めの言葉が無い。

私は先生の言葉を待つ。

”じゃぁ、今日は上の前歯2つだけ装具の位置を変えますね。少し痛いですよ”

”はい” 

羽交い絞めにされていた歯の針金を全て落とすと歯の自由を感じる。

前歯2本の装具を外し接着剤をゴリゴリと削り落としうがいをすると

余計な物の無い歯が舌触りで確認できる。嬉しくて鏡を借りた。

あと何ヶ月だろう。金具の無い状態になれるのは・・・

鏡の前で私も作り笑顔をしてみた。

装具を付け直す為に席をはずしていた先生が戻ってくる。

歯の表面をキレイに削り接着剤の冷たさを歯で感じると同時に

接着剤特有のシンナーのような鼻を劈く臭いで意識が遠のく・・

気がつけばもう装具取り付けは完了していた。

いつもの太い針金を挿入し、手馴れた手つきで歯を固定していく。

”お疲れ様でした、じゃあ来月!お待ちしています。”

私も来月が楽しみである。位置を変えた前歯は

どうのような変化を見せるのであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

月に一度の・・10月

別れ際、握る手を解いて乗った新幹線

そう。今日は歯医者の日。

淡い時間も忘れるほどのダッシュで歯科へ向かう。

住宅地にひっそりたたずむ歯科

扉を開けると笑顔で迎えてくれる。

”いや~お疲れ様でした、お待ちしておりました。”

今日も夜の診察室、先生と二人だけの空間。

”はい、口を開けて”

言われた通りに私は口を開ける。

”よく動いてるね!いいよ!すごくいい!”

今月も先生の褒めから診察が始まる。

今日は歯石を取ってもらいました。

さらに上の針金が太く変り、かっちりとワイヤーで固定され

今月の診察は終了を迎えた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月10日 (日)

月に1度の・・9月

はい口を開いてください。

今日は何度言われたことか・・

先生のコチョコチョと口内を触る動作が心地よくて

日ごろの寝不足も加わり、口をあけたまま心地よく眠りについた。

順調に動いている歯に今日は上の歯と下の歯を固定する輪ゴムがついた。

ゴムが私の口開きを阻止している。

しばらく大口はあけられませんわっ。

大きいものを入れるときは輪ゴムを取ってから!

アメリカンサイズのハンバーガーは到底無理です。

ゴムをはめる練習を先生に強制され

先生の前でよだれをたらしてしまった。

なんとも恥ずかしい一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

月に一度の・・7月8月分

よりによってオーディションの日が矯正歯科だなんて・・

神様は意地悪・・

矯正してるからって落とされたそんな日。

移動の新幹線から歯科に電話。

先生も待っていてくれるって・・・

夜、二人しか居ない診察室

今日も大きな口を開いて診察が始まる。

”やっぱり動きが早いね!凄いよ!”

なんて褒められながら、今日は太いやつに換えるからね。

と・・・

慣れた手つきで私の上の歯を羽交い絞めにしていく。

太くなった上の針金は

笑うとより一層にキラリと輝く。。

羊羹を噛んでも綺麗なアーチが出来るほどに

私の歯並びは綺麗な姿に変わりつつある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

月に一度の・・・

何だか慣れてきたね。。

今日も口を大きくあいて、先生に口内観察されるのも・・

君の歯の動きは中学生並みに早いね!って褒められて

嬉しいんだか?嬉しくないんだか?

太い針金で私の歯を羽交い絞めにして、楽しんでいるのかしら?

先生ったら・・

太い針金にくくりつけられた歯は、じんわりと夜になって痛み出す。

痛くて・・朝のクロワッサンですら噛めない

そんな今朝はバナナにしておきました。

きょうの猫村さん 2 Book きょうの猫村さん 2

著者:ほし よりこ
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

月に一度の・・

13日、待ちに待った矯正歯科の日。

いつものように身支度し、歯を念入りに磨き歯科へ向かう。

上下のバランスを見つつ針金の調整。

下の歯の針金が太くなりました!

相変わらず、上の奥歯の針金は、口内に刺さりっぱなし。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。イイカゲンなれるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 7日 (金)

右上5番

ミシミシと音を立て、ペンチで強引に引き抜かれる歯

麻酔の痛みにも慣れ始めているが、体は硬直し、息づかいも荒くなる

ぐらぐらと抵抗を止め、引きちぎられる歯茎の痛みと供に

今日、一本の歯がなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧